2013年02月11日

グレンタレット15年

 正月太りというものを皆さんは経験したことがあるだろうか?

私もここ最近、飲んで食べてということが多かったため、体重を量ってみたら去年の体重より5kg以上増がく〜(落胆した顔)

鏡を見てても、より顔が丸くなり、2つ目のあご(二重あご)がより目立ってきた。

よって、しばらくお酒は控えていきます。

 さて、先週のことですがアルコホールのホームページにNEWボトルがアップされていたので飲みに行ってきました。


 「いらっしゃいませ」


 店内を見るとよく店で顔を合わせる常連のお客さんがいらっしゃって、マスターからその方の隣に案内された。

その常連のお客さんとたわいのない話をしたあと、マスターに注文した。

「グレンタレット15年をお願いします」

NEC_0213.JPG

 このボトルも1980年代〜90年代にボトリングされたオールドボトル。

グレンタレットバックナンバー.JPG
この頃は限定(特別)ボトルでなくても、バックナンバーが入っていたそうです。

NEC_0214.JPG

 グレンタレットの味わいの特徴、オイリーでリンゴを感じさせるぐらいフルーティ。

その特徴を残しながら、口あたりがより落ち着いた感じになっています。


 今夜はアルコホールで、グレンタレット15年を楽しんでみてはいかがでしょう。


 アルコホール

http://homepage2.nifty.com/alco-hall/




 
posted by モンブラン at 01:15| Comment(2) | お酒・BAR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月08日

カクテル・KINKAN

 グレンドロナック1993を飲み終え、次に飲むお酒は何にしようかな?と考えた。

そして、私のひとつ隣に座ったお客さんが注文したお酒を思い出した。

 
「マスター。そちらのかたに出したカクテルはまだ作れそうですか(材料に残りありますか)?」
と私が尋ねると、

「このカクテル大丈夫だよ」
と笑顔で返答をくれた。

「なら、そちらのカクテルをお願いします」


 マスターの手早い動きで、見る見るうちにカクテルが出来上がり、カクテルが私の前に出された。


NEC_0210.JPG

 金柑(キンカン)を使ったカクテル。


 私は幼い頃親から、金柑(皮)を食べると「喉に良くて、風邪を予防できる」と教わって、よく食べていたのを思い出します。

 そのほかにも金柑は、感染症、動脈硬化、糖尿病の予防に有用とされ、また、免疫力亢進やリラックスなどの作用もあるとされます。
更に癌の発生を抑えたり、疲労回復の働きなどもあると言われています。


 その金柑を使ったカクテルは、飲んでみると幼い頃を思い出すぐらい、金柑のしっかりした味わいと飲みやすさ。


その金柑も旬は、12月後半から2月までとなっているので、アルコホールでこのカクテルを飲むことができるのもあと少ししかないですね。

 
 まだ飲んでいないのであれば、今夜はアルコホールで金柑を使ったカクテルを楽しんでみてはいかがでしょう。

 アルコホール

http://homepage2.nifty.com/alco-hall/




posted by モンブラン at 01:08| Comment(0) | お酒・BAR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月04日

グレンドロナック1993

 アルコホールのホームページを見てみると、まだ飲んだことの無いボトルを発見。
(このブログをアップしたときには、もう1つありましたが...)

職場が暇だったため、早めに仕事を終えると、足早にアルコホールへと向かった。


 「いらっしゃいませ」

マスターの明るい声で、私は席へと案内された。

マスターから
「今日はいつもより少し早いね。仕事の調子はどう?」

それに対して私は
「年が明けてから、さらに暇になった気がします」

「不景気やからね...うち(アルコホール)も同じやわ」
とマスターと2人で苦笑い。

「暇なところにいても仕方がないので、早めに切り上げてここに来たんです」
私がそういうと、

マスターは注文を聞いてきた
「今日は何から飲む?」

「グレンドロナックをお願いします」

NEC_0211.JPG


 グレンドロナック・・・ハイランドモルト

 1826年ジェームズ・アラデスによって創業されたグレンドロナック蒸留所。

いく度となく困難を乗り越えながら、現在はペルノ・リカーのアライドドメックのもとグレンドロナック蒸留所の操業は続いている。

 今回いただいたのは、オロロソ・シェリーバットで熟成されたシェリー樽熟成ウイスキー好きにはたまらないモルトウイスキー。

NEC_0212.JPG

 このボトルは1993年に蒸留され、去年ボトリングされた物で、グラスに注がれたグレンドロナック1993を見てみると、非常に色濃く色付いていて、グラスから少し離れても香りが漂ってきた。

 グラスを手に取り、少し色合いを眺めてみて一口、口に含むと、口の中に広がる芳醇な香りに驚かされた。


 サルファリー(硫黄)な香りが特徴的というのがグレンドロナックの特徴ということは知っていたが、そのことを知らない限り、このサルファリーな香りには気付くことのないぐらいに芳醇なシェリー香が口の中一杯に広がりました。


 今夜はグレンドロナック1993を楽しんでみてはいかがでしょう。

無茶苦茶美味しいですよ

アルコホール

http://homepage2.nifty.com/alco-hall/



posted by モンブラン at 01:39| Comment(1) | お酒・BAR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。