2013年06月24日

リレ・ルージュ

 この日は、仕事がとてつもなく暇だった。

このことを現実逃避するため、私が向かったのはBARアルコホールだった。

 IMG_0013[1].JPG

 店に入ると店内にいたのは、マスターとブログでも何度か登場している常連のお客。

「いらっしゃいませ。来てくれると思ってたよ」わーい(嬉しい顔)

その日はアルコホールも暇だったらしく、マスターとその常連さんで私が店(アルコホール)に来ると予想していたようだ。

「いや〜あせあせ(飛び散る汗)あまりにも暇だったので来ちゃいました」

私の言葉を聞くと、マスターはニッコリとして、私に注文を聞いてきた。

「今日は何からいく?」

「そうですね。リレ・ルージュからお願いします」

IMG_0185[1].JPG

 リレ・ルージュは、前にもアップしたリレ・ブランの赤ワインバージョン。

 メルロ種を主体にカベルネソーヴィニヨン種をブレンド ほんのりとした酸味とかすかな甘みと苦味が後を引くフルボディです。


「このお酒の飲み方のお勧めってあります?」
と私がマスターに質問。

「このお酒はジンジャーエールを使ったキティというカクテルもいいし、そのまま飲んでもすごく楽しめるよね」

「なら、最初なんでそのままで、いただいておきます」

IMG_0184[1].JPG

 シャンパングラス・フルートに注がれたリレ・ルージュは、赤ワインのフルボディ以上に色濃く色付いてました。

IMG_0187[1].JPG
グラスをアップにして撮ってみました

 非常に甘くフルーティな味わいの中に、赤ワインだなと思わせるタンニン。

そのすべてが、「このお酒は美味しいんだ」と感じさせてくれる印象を受けました。

今度はカクテル・キティで、このお酒を楽しんでみようかと思います。


 今夜は、リレ・ルージュを楽しんでみてはいかがでしょう。

アルコホール

http://homepage2.nifty.com/alco-hall/

リレ・ルージュ 17度 750ml 並行輸入品

リレ・ルージュ 17度 750ml 並行輸入品
価格:2,280円(税込、送料別)



posted by モンブラン at 01:23| Comment(1) | お酒・BAR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月19日

オーガスタ・セブン「改」

 リレ・ブランを使ったカクテル『神戸の風』を飲み終えた頃、マスターが、
「そうそう。この前から言っていたパッションフルーツの果物が届いたんだけど、それを使ったカクテル飲んでみる?」

と勧められたので、私は即答した。
「是非。お願いします」

 私がそういうと、マスターはパッションフルーツを丸々一個使って、カクテルを作り始めた。

そのカクテルを作っている姿を見ていて、ふとこのカクテルってもしかして...と私は1つのカクテルを思い浮かべた。

そして出てきたのがこのカクテル。

image.jpg

「さっき使ったジュースって...」
と、私が質問すると、

「あー。さっき使ったのはパイナップルジュースだよ」
と、マスター。

「じゃあ、このカクテルって...オーガスタ・セブン...?」

「そう。オーガスタ・セブン


 オーガスタ・セブンとは、大阪にあるBAR、オーガスタと、オーガスタ・ターロギーオーナー・バーテンダー・品野さんが考案したカクテル。


 漫画「レモン・ハート」にもこのカクテルは登場したこともあり、私も前の仕事で何度も作ったことのあるカクテル。

 
 http://www.bar-augusta.com/main/?page_id=102


image.jpg

 このカクテル飲んでみると、より一層パッションフルーツの風味が活きており、飲みやすくて、贅沢なカクテル


 今夜はアルコホールで、フレッシュ・パッションフルーツを使ったカクテルを楽しんでみてはいかがでしょう。

 アルコホール
http://homepage2.nifty.com/alco-hall/




このカクテルに使ったリキュールがこのリキュール


posted by モンブラン at 01:32| Comment(0) | お酒・BAR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月13日

リレ・ブラン

 アルコホールのホームページを検索してみて、新入荷のボトルがあったため、仕事をを終えた私はアルコホールへと足を向けた。

IMG_0013[1].JPG

「いらっしゃいませ」

遅い時間に店を訪れため、店内には他にお客は居らず、アルコホールは私の貸切のようになっていた。

「どうぞ自由な席へ」

マスターが笑顔で案内してくれて、決めた席に腰を下ろした私は、まずマスターとたわいのない話をし、そして注文した。

リレ・ブランが入ったそうですね。何かお勧めの飲み方ってあります?」

つづけて、
「やっぱり、ボンド・マティーニですか?」と訪ねてみた。

するとマスターが、
ボンド・マティーニもいいけど、今のお勧めは、リレ・ブラン・トニックかな」

と予想とは違った答えが返ってきたので、
「ならぜひ、そちらをお願いします」
と注文した。

IMG_0172[1].JPG

 1887年、リレ・ブランの原型はボルドーのポデンサック村でポール・リレレイモンド・リレの手により生れた。

 リレ・ブランはボルドーの厳選されたワインとフルーツリキュールをブレンドし、ボルドーのグランクリュワインと同等の手間ひまをかけ、フレンチオーク樽でじっくりとおよそ12ヶ月熟成させたアペリティフ・ワイン

 リレ・ブランは、現在は製造中止となったキナ・リレの代用品。

そのキナ・リレ成分のキナが薬事法と衝突してしまうため、原作者のイアンフレミングが現状に合わせてリレ・ブランで代用可したといわれています。

 リレ社の後継銘柄、リレ・ブランを、日本国内ではサントリーがリレ・ブランを代理販売していたが2005年に取り扱い中止。
ただし並行輸入などで小規模ながら流通はあるので、現在でも入手は可能。

IMG_0174[1].JPG

まず、優しいマスターは、私にリレ・ブランを試飲させてくれた。

フルーティーで甘くて飲みやすく、おそらく家だと何杯でも飲んでしまう、このリレ・ブラン。

IMG_0171[1].JPG


 甘いリレ・ブランにトニックウォーターとライムで飲みやすく仕上げてくれた、このカクテル。

カクテル名は「神戸の風」


 「神戸の風」は仕事で疲れた私の身体には心地よく感じる仕上がりになっていました。


 今夜はリレ・ブランを楽しんでみてはいかがでしょう。

アルコホール
http://homepage2.nifty.com/alco-hall/


リレ ブラン

リレ ブラン
価格:2,358円(税込、送料別)



posted by モンブラン at 02:09| Comment(1) | お酒・BAR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。