2013年10月14日

ブラヴォド・ブラック・ウォッカ

 この前、私にとって酒屋で珍しいお酒を見つけ、値段が安かったのでつい衝動買いをしてしまいました。

そのお酒がブラヴォド・ブラック・ウォッカ

 IMG_0314[1].JPG

 ウォッカとは主に、穀物を原料とし、糖化、発酵させ、連続式蒸留機で蒸留後、白樺の炭でろ過し、クセのない味わいに仕上げた酒のことを指す。

 ウォッカを造る上で最も重要なことは、いかに完璧に近い白樺活性炭ろ過を行うかだが、これは決して完全に無味無臭なお酒を造るということではなく、いかにその味を存分に楽しむこと、活かすことができるかが重要になってくる。

 ウォッカはきわめて無色透明に近いレギュラー・タイプと、フルーツや草根木皮などの様々な香りを加えたフレーバード・ウォッカの2つのタイプに大別される。

 ブラヴォド・ブラック・ウォッカはフレーバード・ウォッカに分類される。


 イギリス・ロンドン産のブラヴォド・ブラック・ウォッカは世界的にも珍しい黒いウォッカ。

1996年に、マーク・ドーマンという人物によって開発されました。
(このマーク・ドーマンという人をパソコンで検索してみましたが、その人物に該当しそうな情報は得られませんでした。何か情報を知っている方がいらっしゃれば教えていただきたいです。出身とか、職業とか...)

黒い色は、アジア産の薬草によるもの。
(この薬草もはっきりと何を使っているかは書かれていませんでした)

IMG_0313[1].JPG

 このブラヴォド・ウォッカだけを飲んでみると、甘味とコクがあり、黒い色とはうらはらに、優しい口あたり。

ウォッカも美味しいなと感じさせてくれたボトルです。

IMG_0317[1].JPG

 このブラヴォド・ウォッカは比重が非常に軽いと知ったので、プース・カフェ・スタイルでこんなのも作ってみました。
(面白半分で作ったので、美味しいとはいいがたいですが、下からジェット31、カンパリ、そしてブラヴォド・ウォッカ)

 
 今夜はブラヴォド・ブラック・ウォッカを楽しんでみてはいかがでしょう。


 ちなみに今月は困難なためBARにはほとんど通えていません。あせあせ(飛び散る汗)




ペパーミント ジェット 31

ペパーミント ジェット 31
価格:1,554円〜(税込、送料別)



カンパリ 25度 1000ml【楽ギフ_包装】

カンパリ 25度 1000ml【楽ギフ_包装】
価格:1,470円(税込、送料別)



posted by モンブラン at 02:27| Comment(0) | お酒・BAR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。